チャータースクールとは

main-img

アメリカにはチャータースクールに通うという選択肢があります。



州によって細かい規則は異なりますが、アリゾナ州に最も多く集まっています。チャーターには許可という意味があります。

チャータースクールとは、親や教員、地域団体が州や学区の許可を得て、設立される初等中等学校です。



費用は全て公費によってまかなわれます。

公立校と同じように授業料を払う必要がないので、裕福でない家庭の子どもが教育を受けられます。
通学区域に制限がなく、希望すれば原則として全員入学できます。チャータースクールの設立は、学区ごとに生じた格差や学力の低下、学校の荒廃が関係しています。

規定の成果が出ない場合、チャーターが取り消されます。



よって科学や芸術など専門的なカリキュラムを用意して、個性的な学校のイメージを構築しています。



中には、公募型研究開発校として、大学が子どもに与える教育の影響を調べるために、運営することもあります。



その場合、研究結果によって次の年のカリキュラムが変わります。

入学する際に、カリキュラムを受ける同意書を書く必要があります。
一般的な生徒より成績が優秀な人材が集まる傾向があるので、ウェイティングリストが満杯の学校もあります。
ただし教育成果を定期的にチェックされるため、学校は一定の成果を挙げるために躍起になります。チャーターを取り消されて負債を抱えると、運営側が責任を問われるためです。



そのため、裕福な階層だけを対象にしたり、人種差別に発展したりする恐れがあります。

関連リンク

subpage01

ギタースクールはグループレッスンがおすすめ

それぞれの地域において楽器屋などでギタースクールをみかけることがありますが、こうしたギタースクールへ通うとプロの講師にギターを教えてもらうことが出来るので、今以上に上達するきっかけになります。ギタースクールへ通う場合、最初にグループレッスンか個人レッスンか、このどちらかを選択することになります。...

more
subpage02

ボーディングスクールについて

アメリカ人にとって、ボーディングスクールに入学することは憧れです。ボーディングスクールとは寮に入って、24時間教育を受けられる環境を整えた学校を指します。...

more