ギタースクールの教材費とその必要性

main-img

ギタースクールへ通う場合、どんなギタースクールでも最初に教材を購入させられます。



これは学校で授業を受ける際に使うテキストであり、そのテキストの内容は入会者の実力において初級編や上級者編など、レベルに見合った教材が渡されます。



この教材費がいくらほどになるのかはギタースクールへ通う際に確認しておきたいポイントです。教材は必要なのかどうか、これは人によってかなりその必要性は異なります。例えば、初心者の人の場合はフィンガートレーニングをする、コードを覚えるなど、本当に初歩とも言える基本的な知識を学ぶことから始めるわけですが、そのような場合はやはり教材は必要です。

極論を言えば、こうした教材は別にスクールで購入しなくても、どこでもゲットすることが出来るものであり、どこで教材を買っても内容はほとんど同じです。



つまり、ギターをうまくなるためには覚えるべき内容や練習すべき内容はほぼ決まっているということです。何が違うのかと言えば、練習の内容によって効果が異なるので、それによる上達スピードが若干変わることは言えます。



ギタースクールへ通うことになった場合に教材なんて必要ないという人は個人レッスンを選択しましょう。

そして、個人レッスンでは積極的に自分が身に着けたいテクニックについて講師に質問して実演してもらうと良いです。



そうすると、レッスン時間を無駄に教材のために使うこともなく、学びたいことを学べるようになります。



関連リンク

subpage01

ボーディングスクールについて

アメリカ人にとって、ボーディングスクールに入学することは憧れです。ボーディングスクールとは寮に入って、24時間教育を受けられる環境を整えた学校を指します。...

more
subpage02

ギタースクールは有名な学校が良い

ギタースクールは各地域において様々な学校を選ぶことが出来ます。ギターで将来生活をするために色々と夢を抱いてギタースクールへ入学するわけですが、まず基本的に考えておきたいことは将来の仕事です。...

more